首の痛み

首の痛みでお悩みの方へ

首の痛みでお悩みの方へスマートフォンの普及によって、首に慢性的な痛みを抱えている方が増えています。首の痛み(頸部痛)は筋肉の痛みである筋筋膜性疼痛も起こりやすいのですが、神経痛によるものも多くなっています。神経痛の場合、一般的に処方されるNSAIDsやアセトアミノフェンといった鎮痛剤が効かないため、長く慢性的な痛みを我慢している方が少なくありません。こうした首の神経痛による痛みは、神経ブロックによる効果を得やすくなっています。
背骨の首部分である頸椎からは、肩や腕などを支配する神経が分岐しているため、首だけでなく、肩・肩甲骨・腕・手などに痛みを生じることもあります。また、頸椎は腰の腰椎に比べて小さいため、脊髄が通る脊柱管内も狭く、深刻な神経障害に進行するリスクが高い場所です。痛みが強くなって日常生活に支障が及ぶ前に、ペインクリニックの受診をおすすめします。
当院ではX線透視下・超音波ガイド下の神経ブロックを行っており、正確性が高く安全な治療が可能です。治療にともなう痛みも最小限に抑えるようきめ細かく配慮していますので、安心してご相談ください。

頸椎の構造と神経痛

頸椎の構造と神経痛背骨は椎骨が積みあがった構造で、その中心には脳からつながる脊髄という重要な神経の束が通っています。脊髄が通るトンネル状の空間が脊柱管です。首の部分の椎骨は頸椎と呼ばれています。椎骨の間に合ってクッションの役割を果たしているのは椎間板で、椎骨同士は椎間関節でつながり靭帯や筋肉が支えています。また、脊髄から左右に枝分かれする神経は椎間孔という通路を通っています。首の頸椎と腰の腰椎は可動性が高いためダメージを蓄積しやすく、痛みを起こしやすい部分です。
蓄積したダメージや加齢によって、椎間板ヘルニア、椎間関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などが起こると神経が圧迫されて慢性的な痛みを起こします。また、神経は血流の影響を受けやすいため、血流悪化で炎症を生じやすく、痛みに加えてしびれや感覚障害、筋力低下などを起こすこともあります。

寝違い

寝違い就寝中に首の筋肉が捻挫してしまった状態です。スムーズに寝返りが打てないと、首の筋肉を傷めてしまいます。低反発枕が経年劣化して頭部が固定されてしまい、寝返りの身体の動きに頭が付いていかず寝違えてしまうケースが増えていますのでご注意ください。寝違えの痛みは徐々に引いて、ほとんどの場合は1週間程度で解消に向かいます。ただし、人間は角を曲がる一瞬前に顔を曲がる方向へ向けるなど、無意識に首を動かす動作を行っているため、十分注意していても痛みを感じる頻度はかなり高くなります。首の動きが制限されると日常生活に大きな支障を及ぼしますので、強い痛みがある場合にはご相談ください。軽い寝違えでしたら適切な薬物療法でも早い改善が見込めます。また、1週間以上痛みが続くようでしたら他の疾患が原因になっている可能性がありますので、早めに受診してください。

変形性頸椎症

頸椎が変形して神経を圧迫し、強い痛みを起こします。骨に小さなトゲができる骨棘が神経を圧迫している場合、首だけでなく肩や肩甲骨、上腕部などにも痛みを起こすこともあります。眠れないほど強い痛みを起こすこともあります。指先の冷えやこわばり、さらに下肢に症状を起こすケースもあります。痛みが強い場合には神経ブロックが有効です。何度か受けることで炎症が鎮まって、痛みを起こしにくくなります。

椎間板ヘルニア

椎間板が後方に飛び出て神経や脊髄を圧迫して痛みを生じます。頸椎は小さく、脊柱管も狭いため、進行すると脊髄にダメージが及ぶ脊髄症を発症する可能性もあります。脊髄症は深刻な状態ですから手術が必要です。軽度のうちに神経ブロックによって状態を改善させ、筋肉の強化や柔軟性を改善させることで悪化防止につなげることをおすすめしています。

TOPへ戻る
TEL:048-650-1717